たいとる

すいえいしどう

おんかんあそび

ちいきこうりゅう

しぜんかんさつ

たいいくあそび

ことばあそび

鍵盤ハーモニカなどの旋律楽器、打楽器など、身近な楽器を使ってリズム感を養い、子ども達が音楽に親しんで楽しめるよう専門講師の指導のもと、担任が中心となって指導します。卒園までに、簡単な曲が演奏でき、音符の読み書きが出来るようになります。また、和音あそび、音階練習を通して、音域狭少児(音痴)の矯正をし、音高正しく歌える耳と発声能力が育つよう、指導しています。かぐや第一・第三幼稚園では、木下式音感教育を導入しており、鋭敏な感覚や音高の定着、正しい口型、声量豊かな発声などを養います。そして、音感指導を行うことで、挨拶や言葉もきれいで鮮明になり、集中して聞く態度、挑戦意欲、感動する心を持つ子に育ちます。

生涯音楽を楽しむ
基礎づくりです。

木下式音感教育の成果発表の場として、毎年12月にクリスマス音楽会を開催しています。 長良シンフォニックバンドの方の演奏に合わせて、各学年2曲ずつの斉唱・合唱や全員合唱、鑑賞会があり、身体全体で音楽を楽しんでいます。舞台に立つ子ども達は、姿勢よく舞台マナーも身についています。お友達の声にもじっくりと耳を傾け、大きな舞台でも堂々と成果を発揮し、美しい言葉で済んだハーモニーを披露します。保護者も子どもも、職員も大きな感動を体験できる、素晴らしいひとときです。